ターナー症候群と共に

ターナー女性によるブログ

子どもを産めなくても結婚できる?

こんにちは、26歳ターナー症候群のりっちゃんです!

今回は、妊娠できない体質の私が結婚したときのお話です。

 

私は妊娠することが難しい体質なので、結婚するまでにそのことでたくさん悩みました。

  • 子どもを産めないことを、いつパートナーに告げようか
  • 子どもを産めない私のことをパートナーはどう思うだろうか
  • 結婚した後で、やっぱり自分の子どもがほしいと言われたらどうしようか

そういった悩みを抱えながらも、私は結婚するという選択をしました。

 

そんな私の体験談や今の思いをお話します。

子どもを産むのが難しい体質だからという理由で、結婚に消極的になっている人にはぜひ読んでいただきたいです。

また、パートナーが妊娠を望めない体質だという方が読んでくだされば、パートナーの気持ちに寄り添えるようになるかと思います。

 

それではよろしくお願いします!

 

f:id:ricchanchan:20210420124306j:plain

パートナーにいつ話す?

自分には子どもを産むことができないということを、いつパートナーに話そうか悩まれている方は多いと思います。

特に結婚を意識している方にとっては、大きな問題となっていることでしょう。

どのタイミングで話しても正解だと思いますが、悩んでいる方は私の体験を参考にしてみてください。

 

婦人科の先生の言葉

私はターナー症候群で、妊娠することが難しい体質です。

そのことを「いつ」「どのように」彼氏に伝えるかで、ずっと悩んでいました。

いつかは伝えなければ思うことで苦しくなったり、受け入れてもらえなかったらどうしようとおびえたり…。

そんな気持ちを打ち明けられる相手がいなくて孤独でした。

 

ある時、婦人科の先生にその悩みを相談してみると、

「いつ言っても大丈夫。言えないような相手なら、それまでの関係なのだから次の人を探せばいい」

という答えが返ってきました。

それは私にとってすごく納得のできる言葉でした。

自分のすべてを受け入れてくれる人でなければ、ずっと一緒にいるのは難しいですからね。

 

「いつ」「どのように」伝えるかよりも、打ち明けてもいいと思える相手かどうかが、考えるべきポイントなのだと思います。

 

彼氏に打ち明けたときのこと

今の旦那に話したのは、付き合って2〜3ヶ月くらい経ったころでした。

ターナー症候群であることと、その影響で子どもを産むのは難しいことを伝えました。

(泣きそうになっていました…)

すると彼は、「子どもが産めるかどうかは関係ない」と言ってくれました。

 

話したことで心が軽くなりましたし、受け入れてくれたことで安心して付き合うことができました。

やっぱり勇気を出して打ち明けて良かったなと思います。

 

ちなみに、旦那以外の男の人に打ち明けたことがありますが、そんなに気にならないという人が多かったです。

意外と受け入れてくれる人は多いのかもしれませんね。

 

f:id:ricchanchan:20210420125118j:plain

結婚後に思うこと

結婚してからも、子どもがほしいかどうか旦那と話しました。

子どもは好きなので、いつか二人で子育てをできたらいいなと思っています。

ですが、不妊治療をすると、経済的にも身体にも、精神的にも負担がかかるようなので、今のところ不妊治療をしようとは思っていません。

自然に妊娠する可能性はほとんどないと思うので、里親になって子育てするという選択肢も考えています。

 

今でも悩むことは多いです。

子どもを連れた家族をみると羨ましくなりますし、小さい子をみるだけで苦しくなることもあります。

ですが、一人で抱え込むことはなくなりました。

子どもを産めないということが、私だけの問題ではなくなったことで、孤独ではなくなったのです。

伝えたいこと

結婚しなければ不幸せというわけではありませんし、絶対に結婚するべきとまでは思いません。

ただ、子どもを産むことができないという理由だけで結婚を諦めているのなら、どうか諦めないでほしいです。

あなたの全てを受け入れてくれる人は見つかります。

勇気を出して、大切なパートナーに打ち明けてみてほしいです。

 

この記事があなたの勇気になれば嬉しいです。

読んでくださりありがとうございました!